counter

 

« 「iPhone」&「iTV」 | メイン | 男祭り—その2— »

2006/11/04

コメント

akko

吹奏楽といえば、学祭では常に花形で、マイナーな音楽系としてはうらやましかったですよ。

映画音楽って好きです。
いい音楽が多いと思います。
その映画の世界感も含めて聴けるので、観た事のある映画や、感動した映画だったりすると特に、聴き入っちゃいます。

mitsu

>akkoさん
僕の中学や高校には、「音楽系」が吹奏楽しかなかったので、花形的なキラキラした物を感じる機会はありませんでした。
本文では書いていないのですが、劇中で流れる曲はインストで、元々詩は入ってなかったのですが、たまたまどこかで詩入りの曲を聴いたのがきっかけで調べてみたら悲しい戦争の歌でした。
曲の旋律だけ聴いていたときはすごくきれいな曲だったので、詩を見たときは少しショックでしたね。
思い描いていた曲の感じと違っていたので。
でも、詩を噛みしめながら聞いてみると、込められている物を理解できた感じがして、もっとこの曲が好きになりました。

akko

今頃・・ですけど、最近、何か映画をみたいなあ、とレンタルDVDを探していて、偶然「ブラス!」を見かけたので、観てみました。
映画の意図とはずれいてそうですけど、
コンクールや演奏会の心地良い緊張感を思い出しました。
書かれていた曲がこれかな?と思いつつ・・間違っていなければ、印象的な曲で、イメージ通り、と思いました。
 
・・・間違っていなければ!!

mitsu

>akkoさん
楽器系の部活をやっていた人にしか共有できない緊張感、画面から伝わってきますよね。
それだけでも、この映画を楽しむ価値があります。

この記事へのコメントは終了しました。